Joybase

どう頑張ってもまともな記事が書けないので、ゲームを通してくだらなく楽しい記事を作ります。

Joybase

【アマガミ】母性つよつよの後輩とクリスマスを… 前編

後三ヶ月…。

後三ヶ月経つと独り身の大人には酷な日がやってくる。

 

そう。みんな大好きあの、

 

クリスマスが来ちゃう。

 

街角では竹内まりやの「ク〜リスマスが今年もやーってくる〜♪」っていう曲が流れてたりしてワイワイガヤガヤと賑やかになる日であり、そしてあの忌まわしいカップル共も溢れかえるのである。

 

カノピッピ一人いない男にとってクリスマスに外出するのは白鳥の頭が付いたバレリーナの衣裳でイオンやコストコにお出かけするのと同じようなものでとても辛い日なのである。

 

「母さん。俺今年もダメだったよ。頑張ったら真帆ちゃんって名前の彼女できたんだけどいつ見てもパソコンの写真の中にしかいないんだ…( ;∀;)」

 

ほら、

 

こんな感じでいっつも指を鳴らすポーズをしたまま(それも笑顔で)動かないんだ…。

 

はあ…。今年もまた彼女得られませんでした!!の報告をしないといけないのだろうか…。

 

誰もが(俺一人ですがw)そう諦めかけたその時、天から声が聞こえてきた!

 

?「お待ちなさい…。まだ三ヶ月ありますよ。諦めないでください。」

 

ゲ「あ、あなたは、まさか…もう一人の僕!?」

 

も「そうです。私がもう一人の僕です。俺自身よ、よく聞きなさい。あなたにはまだ三ヶ月あるのです。そう、三ヶ月後のクリスマスまでに彼女を作ればいいのです。」

 

ゲ「で、でも三ヶ月って会社の試用期間みたいな期間で作れるわけないじゃないか!!それに俺ほら、面食いだし…。」

 

も「はいはい、言うと思いましたそれ。そんなあなたにチャンスを与えます。これで三ヶ月後のクリスマスまでに彼女を作りなさい…。」

 

 

ゲ「これは…アマガミこれで作れと?」

 

も「そうです。あなたはこの世界で彼女を作り、そして幸せなクリスマスを送るのです!」

 

ゲ「こんなちいきもにもまだ彼女ゲットキャンペーンが残ってたなんて…!ああ、感謝カンゲキ雨嵐!!では俺はまだ助かるのですね?」

 

も「ええまだ助かります。まだ助かる…まだたすかる…」

 

も「マダガスカル!!そーれっ!!」

 

すーっ…(消えていく音)

 

ゲ「ありがとう…もう一人の僕…。」

 

…とお見苦しい寸劇をお見せしてしまいましたが今ここに道は開けた。

こうなったら腹をくくって作ってやる。

 

最高の彼女を。

 

 

時をかけるゲオルン(運命の相手との出会い)

 

というわけで職場と家を往復するだけじゃダメなのと、もう一人の僕の声を頼りに高校生でリライフすれば作れるんじゃないかとまーたまた考えたので、

アマガミ】をやることにしました。最後にやったのっていつだろう。

 

 

そしてこの手のゲームの”はじめから”ではもはや恒例となっている”名前を入力して下さい”の催促が。

ここは本名…だと身バレしてしまうのでここは、

 好きになったら一途そうな名前にしました。この名前に誓って一人の子を愛します。

 

 

 とりあえず学校が始まるので初めましてなのに馴れ馴れしくしてくる妹と一緒に登校してると、

 

 

自分のことを筆者の友人だと言い張る梅原という男と出会い一緒に登校することに。当然筆者からしたら知らない人ですので…あっ、初めましてです。

 

そして梅原さんと登校していると運命の出会いが。

…と言いたいところだが今回はただの先輩枠の「森島はるか」先輩が登場。めちゃくちゃ可愛いんだけどこれ絶対大きな男の子達に薄い本にされてるだろ…。ちなみにこの記事を作る前まではこの森島先輩を攻略する予定だったんだけど、今回はとある子を攻略する予定なのでこれが最初で最後の登場になる。

さよなら森島先輩。森島先輩と誠くんの後日談は皆様のご想像にお任せします。

 

ちなみに森島先輩の右に見える犬小屋と同じサイズの顔を持つ左の女性は塚原先輩で、この人は攻略できません。まあそりゃ犬小屋サイズの顔を持ってるんなら体は筆者数人分の大きさだからなぁ…。仕方ないね。(名前以外全部フィクションですw)

 

そして久しぶりの高校生活を満喫しているとついに…

 出ました!この子です!!今回の攻略対象です!!!

は?男じゃないかだってぇ!?どうみても女の子だろ!いい加減にしろ!!男だと思ったやつは明日俺の歳の数だけ犬の糞を踏む呪いをかけるからな!!

…気を取り直し、髪の毛が久しぶりに出した時のカチコチの筆みたいな鋭さを持ってるこの子が今回の攻略対象で名前は七咲逢」(ななさき あい)。筆者の一つ下の学年で後輩にあたるこの子は…この子はその…攻略をするとある病気を発症する。

 

それは、「七咲依存症」である。

 

お前何言ってんの?って思うだろうけど本当に起きるのである。いやマジで。かく言う筆者も七咲を攻略した後はネットサーフィンして七咲の画像をずっと見たり、アニメで七咲の回だけ執拗に観たりしてしまったのだ。なんなら七咲の抱き枕を危うくポチりそうになってしまうほど。

 

なぜこうなってしまったのか…。それを知るためにネットで調べるとこう呼ばれていたことが分かった。

 

「ダメ男製造機」

この時はどういうことかちょっとよく分からなかったが、後々この呼ばれ方をされている理由が分かってくることに…。

 

ちなみに今作最難関と言われる攻略対象でもある。とはいえ少し前にやった「ときメモ2」の「白雪真帆」なんかと比べたら遥かに簡単である。た、助かった〜w

 

ちなみに最初の出会い方が3パターンあるんだけどどれも最悪な第一印象からのスタートなので、

 どう頑張っても不審者扱いをされる。

完全に扱いがアンガールズの田中やノンスタイルの井上等と一緒で、なんなら遠回しに「生理的に無理です」と言われてるようなもの。こっから明日今日よりも好きになられることがあるんでしょうか…。

 

こんな絶望的な状況だが諦めるにはまだ早い。こんな風に”言ってることがヤバすぎて生理的に無理な人間”と思われているなら”言ってることが変な面白い人”に認識を改めさせればまだワンチャンあるはず…!!

 

そう思わせるにはそう、対話しかない!!クアンタム・バースト!!

 

ならば早速…と七咲のところに向かった筆者だがここで彼女が最難関と言われてる所為が判明することに…。

 

 

気になる後輩に「べしゃり作戦」を実行します!!

 

 

「七咲いぃ!!対話しようぜー!!」

後輩に「おしゃべりしよう」ではなく「対話しよう」というコミュ障全開の声かけをしたところ、

快くオッケーしてくれたのでおしゃ…対話することに。七咲なんていい子なんだ…。七咲の優しさに乾杯。

 

 

で会話を始めたんだけど…

 全っっっっっ然盛り上がらねぇ!!

何この子!?最近多いと言われている無趣味女子なの!?それともこの中に無い「老後の話」とかか!?とにかく話を振っても全然食いついてくれない…。

結局、あんまり盛り上がらず終わってしまいました…。めっちゃ気まずいやーつじゃん…。

 

しかし、この後違う子と会話を試みてみるとある部分が違うのが分かった。

 …あれ?右上のハテナの周りの枠に色がついてる…。

そう、これこそ七咲が最難関と言われる所為なのである。

 

このゲームって他にも攻略対象がいて、

 トイレ行ったことが無さそうな森島はるか先輩

 

 ”常盤台のレールガン”の声真似が得意な棚町薫(たなまち かおる)

 

 あまりの人気の無さにアニメで魔改造された”爆乳レディ”こと中多紗江(なかた さえ)ちゃん

 

 「梨穂子は可愛いなぁ!!」で有名な幼馴染こと桜井梨穂子(さくらい りほこ)

 

 裏表があり、発言が超痛いメインヒロインこと絢辻詞(あやつじ つかさ)

 

 そして七咲

と合計6人が攻略対象なんだけど、一人一人会話パートの難易度が違うのである。

 

で表にしてみると、

こんな感じ。学校のマドンナが簡単だったとは…w

 

梨穂子のハテナの枠に色が付いていたのは梨穂子と主人公、すなわち筆者が幼馴染の設定があるからである。まあそりゃ昔からの友達ならどんな話をすれば盛り上がるか分かるもんね。

森島先輩はまあ、分け隔てない性格と学校のマドンナだけあって色んな情報や噂が飛び交ってるからだろうけど。

 

ってことで、もう一度梨穂子の会話パートを見てみると、

画面右上のハテナの枠の色と画面下の話題の文字の色が合致するものがあるのが分かる。この場合は「世間話」「運動」「娯楽」がそれに該当する。つまりその三つの話題は選べば必ずヒットするのである。なんと羨ましい世界。恋愛弱者救済のために現実でも前歯の色やマニキュアの色とかでヒントくれないでしょうか…。

 

 

一方の七咲はつい最近知り合ったばかりの女性…だけならいいんだけどここに更に

  • クールな性格(つまり慎重で落ち着いている)
  • 面倒見が良い(大人びている)
  • 一つ下の後輩

という属性が合わさってしまっている。最近の子は一つ歳が離れているだけで話が噛み合わないって言うしなぁ。ジェネレーションギャップ恐るべし…。

それに更に追い討ちをかけるように最初の出会いが最悪な出会いだったのでなおさら警戒されている。ち、違うんです!!俺の体が勝手に動いて勝手に喋ったんです!!あっもしかしたら背中にエントリー・プラグが刺さってry

 

ってことなんで七咲の会話パートでは全て…

 ヒントがないのである!!途端に泣き崩れる俺。

もはやマッチングアプリ状態…。しかも見事正解の話題を引き当ててもテンションが下がる時がある。苦労して当てても苦しむことになるなんて。生きるのって難しいね…。

 

だけど大丈夫!!仮に全然ダメだったとしても誠くんには特殊能力が備わっており、その日の終わりに今朝に戻る」を選択して○ボタンを押すと…

 なんとその日の今朝まで戻れるのだ!!まさかキラー・ク◯ーンが発現するなんて!!

 「ときメモ2」の時に喉から手が出るほど欲しかった本物のバイツァ・ダストが使えるなんて…。この能力のおかげで最難関と言われる七咲といえど会話パートはなんとかなったのであった…。信頼はまだないけど。

 

それでもやるしかない。全ては幸せなクリスマスのために!!

 

この後も筆者は七咲とコミュニケーションを取り続けた!

 

 来る日も来る日も!

 

 妹に顔にイタズラされてても!

 「ハ○ンジャーズ」の話を振ってでも!

 

七咲とコミュニケーションを図りまくった!!もうこれ関ジャニの熱烈すぎるファンのレベルを超えてね?そのうち七咲が起きた時に台所で味噌汁作ってそうw

 

でもこんだけジャストコミュニケーションを図っていたら心境の変化もあり、

 下着を見せてくれた!!そのまま上までめくってくれ!!

ちなみに下に履いてたのは下着ではなく水着で、ファーストコンタクトの時に見られたのも水着だったと言うことが判明。ついでに七咲が水泳部ってのも分かった。水泳部はまあなんとなく予想できたけど水着はなぁ…。それでも現実には起きないからあれは宝くじの一等当てたのと同じくらいすげぇよ…。

 

しかも一緒に海のゴミ拾いに行った時には

 手を握ってくれるまでに!!

な、なんてことだ!ここまで進展するなんて…!!でもここまで来たら無理を承知で言わせて下さい。胸に手を入れさせて下さい!

 

そして数日後の夜、七咲家では、

徐々に誠の餌食になっていく七咲の姿が。

ちなみにこれ七咲の部屋のぬいぐるみから撮った映像です。(嘘)

 

そしてここからどんどん七咲が「ダメ男製造機」としての力を発揮していくことに!!

…なるのだけど長くなりそうだから今回はここまで!

 

後編に続く!!

 

 

 

 ちなみに下着を見せてくれるような仲だ!!

 

 …ヤベェ。この「……鈍感」だけ収録したヒーリングCD欲しい…。

 

 おい!ここを開けろ!!うまぴょい警察だ!!

 

 待ってくれ!!しっかり聴きたいから補聴器を…!!

 

 

 お楽しみに!!